「優しい泡」で 丁寧な暮らし。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<<  [ 琉球石鹸|月桃 ] と茶のしずく問題で感じること  | main |  [ 琉球石鹸|泡盛 ]  >>
 糖尿病を予防する 




沖縄に移住して 約1年ぶりに医療機関に復職しました。

昨日で早くも3カ月。
はじめの3カ月は試用期間で
条件は正職員と全く同じでしたが、
昨日正職員認定式(?)みたいな名前の式に出席し
晴れて正職員になりました。


沖縄に来てよく耳にするのは
「沖縄は車社会で、肥満が多い」ということ。


肥満が多いから、必然的に生活習慣病になる人も多いということ。


だから自治体でも特定健診の受診をTVで宣伝するくらい積極的にPRしています。




昔は「生活習慣病」といういいかたではなく、
「成人病」といういいかたをしていましたが

今では小学生から高齢者まで
誰でもなりうる病気だし、
体質的なモノというよりは、生活習慣が起因しているので
「成人病」というネーミングから
「生活習慣病」という呼び方に変わっています。



生活習慣病には
がん、心臓病(心筋梗塞とか)、
脳梗塞、脳出血などの脳血管疾患
糖尿病、高脂血症
高血圧、腎臓病などがあります。


中でも糖尿病は年々とても増えていて
特定健診の後に待っている特定保健指導では
病気になる前に食い止めるために、マンツーマンで生活改善をしていきます。




よく間違われるのが「甘いものをたくさん食べると糖尿病になる」ということですが
たとえ1日3食甘いものを食べていても、糖尿病になるわけではありません。


一番の問題が「カロリー過多」です。


甘いものを毎日食べすぎれば、カロリー過多になり糖尿病になりやすくなります。
そして、甘いものを全く食べていなくても
食事のカロリーが毎日高ければ、糖尿病になります。


糖尿病は女性よりも男性のほうが多いのですが
女性の糖尿病も年々増えています。


しかも、経年的にみると、糖尿病になる年齢が若年化してきています。
小学生で発症する人も。



予防するには
適正なカロリーの食事
適度な運動
これさえ守れれば、予防できますが
習慣を変えることってすごく難しいことです。



なので、「できることから」とりかかってもらうのですが
人によって生活習慣のどこを変えていけば改善するのかを見極める作業から入ります。


+++++++++++


人によって改善していくポイントが違うので、一概には言えないのですが

とりかかりやすいポイントは
昼の食事と夜の食事を見直すことです。


糖尿病の一番の原因ともいえる「肥満」は
カロリーを多くとりすぎることでなりますが

「ダイエットしよう」といってお昼のお弁当を少なくする人がいます。
でも、夜に今までと変わらない食事をとっていたら
効果はそれほど期待できないと思います。

食べることが好きな人にとって
3食全てを減らすのは、とてもストレスだと思います。

とりかかりやすいランチではなく、
夕食を減らすとか、内容を変えることをお勧めしています。

単にカロリーをセーブするだけでなく

寝ている間に胃をしっかり休ませることで
胃腸の健康を促進させます。


糖尿病は、膵臓から出る「インスリン」というホルモンが
出なくなること、出が悪くなること、です。

寝ている間にも胃に何か残っていたら

胃腸も動きっぱなしで眠れないし、インスリンも出し続けなければいけないので
膵臓はとても疲れます。


夜を野菜中心  
たんぱく質・脂質少なめの軽い食事にすれば
バッチリだと思います。
(たんぱく質も脂質も消化にとても時間がかかるので)


その分ランチで食べたいものをしっかり食べることで
ダイエットのストレスも、少しは減るのでは、と思います。


今日も、ランキングの応援、
ポチっとよろしくお願いいたします^^
にほんブログ村 病気ブログ チーム医療・専門医療職へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://sdteshigoto.jugem.jp/trackback/334
TRACKBACK

隔週木曜日更新
WEBマガジン

琉球折々



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月〜09年3月生まれの子へ



子ども虐待防止「オレンジリボン運動」