「優しい泡」で 丁寧な暮らし。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< もんぺ  | main | 迫力のエイサー  >>
 9・11 
 

今日は 9月11日です。


我が家にとって、今日は特別な日。

娘の誕生日です。





今日で3歳になりました。



たったの3年しか生きていないのに
この子の周りで、
また、
日本・世界で 色々な出来事が起こったような気がします。



誕生日に沖縄のムーンビーチで
海を堪能しました。






沖縄に来てから 初めての海です。

娘は 波に足をすくわれそうになり

5分もしないうちに
「もういいー、おうちにかえるー!」
と、怖がり(私も同じくらいのときは全く同じだったらしい)


あとは砂浜や、ホテルにあるプールで遊びました。


1泊2日で、クッタクタになりましたが
良い思い出が出来ました。








沖縄に移住するなんて、
今年の3月までは全く頭には在りませんでした。



それでも、決意して行動に移せて、
実際に沖縄での生活がスタートして
なんとか楽しく過ごせています。



沖縄のソーキそばを食べる度に
「北海道の味噌ラーメンが食べたい」と思い

沖縄の魚を食べる度に
「北海道のお寿司が食べたい」と思い


心は沖縄になじもうとしていても
身体(特に舌)が、なかなか。。。








夜の海もなかなか素敵なものでした。



昨日・今日は アメリカのテロから10年ということと
大震災から半年ということで
いろいろとTVで特集が組まれていたようです。



じっくりは 見れませんでしたが

東北で津波の被害に遭われた方
また、関東で液状化に悩まされた方
そして福島で今も放射能に悩まされている方

今でも我慢に我慢を重ねざるを得ないような生活をしていて
それでも前を向いてがんばっていこう、と
声を掛けあっている方の話を聞くと、
こみ上げてくるものがあります。



特に放射能汚染問題は
これから数十年の長い付き合いになると思います。

素人ながらも事故後から色々と勉強を重ねて
今回の事故が本当に恐ろしいものであることを痛感しています。










自分の子どもを安全な場所に、という思いから
色々と調べ、考え、悩みぬいた末に選んだのが


「沖縄移住」でした。


娘にとって それが良かったのか悪かったのか
それは誰に聞いても分からないことかもしれませんが

娘自身が 「幸せだなー」と感じながら
過ごせていけるような環境を
そして、逞しい心を育んでやりたいなーと
改めて思いました。





沖縄の海は青くて とてもきれいでした。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://sdteshigoto.jugem.jp/trackback/299
TRACKBACK

隔週木曜日更新
WEBマガジン

琉球折々



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ

にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月〜09年3月生まれの子へ



子ども虐待防止「オレンジリボン運動」